16日 9月 2020
コロナ対策商品として、地元の自治体にて採用されました。 地元の日田杉を活用したアクリル板 小丸太土台です。 「withコロナ」の時代を迎えるにあたって、飛沫防止のパーテーションは、必須のアイテムとなりつつあります。 人との関わりが希薄となり、少し寂しい世の中となりつつありますが、そういった寂しい世の中に少しでも、...

01日 7月 2020
2020年秋にNHKにて「進撃の巨人」The Fanal Seasonが放送される予定です。 作者である諫山創さんは、大分県日田市出身です。 日田市は、全国でも有数の林業地として歴史を刻んできた町です。 特に杉の生産および杉加工技術は日本有数の地域として知られています。 弊社が保有する先進的な杉加工技術を用いた進撃の巨人とのコラボ商品を 開発いたしました!...

04日 6月 2020
先日、日田玖珠地域の地場産業の振興を行う公益財団法人 日田玖珠地域産業振興センター様から取材を受けました。その時の記事が掲載されましたので、ご紹介いたします。 エコ事業部 嶋津部長のインタビューが掲載されています。 日田玖珠地域産業振興センターでは、地場産品の展示のみならず、販売も行っています。...

12日 5月 2020
来年(2021年)に大分県にて開催予定の全国育樹祭を記念しまして、木製ノベルティコンテストが開催されました。 弊社からは、優秀賞(柄付きうちわ)、佳作(木製スケール、マグネット)が受賞いたしました。 これらの商品は、エコノベルティとして弊社で製造販売しています。 全国育樹祭の詳細は、こちら...

01日 5月 2020
自粛終了後、イベント/キャンペーンの混雑が予想されます。 この夏のイベント/キャンペーンを考えているお客様。 早めのご連絡をお願いいたします。

10日 3月 2020
環境省は「海洋プラスチックごみ」を削減する取組として、プラスチックスマートというキャンペーンを実施しています。 弊社としても海洋プラスチックごみを削減する取組として地域材を活用して「プラスチック製品の置き換え」、もしくは、「プラスチックを少なくする」商品開発を通して、このキャンペーンに取り組んでいきたいと考えています。...

05日 3月 2020
近年、木材加工技術の発展によって新国立競技場や駅など様々な所で木材の利用が拡大しています。これは、木材グッズ・ノベルティの分野でも同様です。弊社では、独自の木材加工技術によって、薄いスライス材を貼り合わせる事により、今までの木材では利用できなかった"トレー"や"うちわ"、ファイルなどの製品化に成功しました。また、デジタル加工技術の進歩により、表彰状や写真データを木に彫刻するなど、新たな分野での木材利用が進んでいます。

05日 3月 2020
スギなどの原木を商品化する際、必ず必要な処理があります。それは、乾燥です。乾燥方法によって、スギの性質が大きく異なります。基本的に、高温で処理すると、色や香りなどのスギの良さは無くなりますが、短期間で乾燥する事が出来ます。低温・天然乾燥の場合には、色や香りなどのスギの良さは残りますが、乾燥までに多くの時間がかかります。弊社のエコグッズでは、この弱点を補完するために、減圧乾燥機を導入しています。

04日 3月 2020
上図の写真は、左上から製紙パルプ向けやサイディング向けのチップ、建築未利用材でエコグッズの原料となるスギ材、左下は、ボイラー用の原料となるスギかんな屑、右下は、ボイラー用の燃料となる建築未利用材

04日 3月 2020
現在の日本において木材は、非常に複雑な流通経路を通って消費者のお手元に木材製品・商品が届けられます。近年、山元との直接取引など改善点は見られますが、古い慣習もあり、木材流通に関しては多くの課題があります。一番の問題点は、消費者が国産材製品を購入して頂いたにも関わらず、複雑な流通経路のため資金が山元へ還流されず、森林管理を行う為のお金が無いという点です。弊社は、この問題を解決するために、最新鋭の加工機械の導入、技術者の育成を行う事によって、直接消費者と取引を行っています。

さらに表示する